FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の日が近いので・・・親子のこと

2014.05.08.Thu.18:02
こんにちは☆

北海道も続々桜が花開き

葉桜になり始めた場所もあるようです。

ここはまだもう少し先かな


昨日の動画はご覧いただけましたか~?

グッと来ちゃいますね。


一般的にお母さんて、子どもの事を思い
自分は後回しにして家族のために・・・


そんなお母さんが世界中にたくさんいると思います。


親子関係って、子どもが大人になる過程では
気持ちのすれ違いが有ったりする時期もきっとあって

伝わらないと嘆く大人と

解ってくれないと絶望する若者とで

冷たい関係を過ごす数年もあるのかもしれません。


親と子どもに生まれる葛藤は、二通り在ると思っている・・・と
私の友人の辻耀子さんがfacebookにアップしているのを読んで

まさに!私が感じていたことと重なる部分が大きくあって
今日はそんな事を綴ってみようかと。

一方は、深い愛はあるのに表現の仕方が不器用だったり
視野が狭くなってしまったり、親に余裕がなかったりして

子どもの思いとすれ違ってしまった場合。
これは、大人になって親の経験を大人の目線で振り返ったときに

自分が望んだ形ではなかったかもしれないけれど
確かに愛されていたと、理解できることもあるかと思いますし

そんな親の姿を許す事が出来るようになる日が来るかもしれません。


そしてもう一方は、親の方に問題がありすぎて

ネグレクトがあったり、虐待があったり、、、他にも世の中には
自分の子どもに何故そんなことが出来るのか????というような
接し方しか出来ない人もいます。

それも事実。


。。。。幸せに満たされて、多少苦労しても報われた経験がある人は
    そんな行いはしないものです。。。


ですが、そんな状況で育った子どもの苦しみは計り知れず
大人になってもたくさんの苦悩を抱えることが圧倒的に多いのです。


親には親の事情が有ったはず。。。


とはいっても。。。



その苦しみを抱えて育ち、苦悩して大人になった人に

「子どもを心配しない親はいない」

は、当てはまらないと。。。

辻さんは仰っているのですが、私も激しく同感で。


ただ、その子どもの苦しみは

その子が悪かったわけでもなく、親の問題であったと知ることは必要であっても

だから赦してあげればあなたもラクになりますよ・・・とは私は思えなくてですね。



だから、全てを許せる人になんて
無理して頑張って、なる必要はないと思っています。


思えないのに、無理やりって

それずーーーとやってきたことだと思うんです。


あなたは悪くない。
それなのに、ちゃんと愛してくれなかったとしか思えないのに。。。

でしょ?


もしも、赦せる時が来るのなら
その時に赦せたらいいと。


いろんな形がある人生です。

自分の人生を自分で創る意欲を持つには

モノばかりではなく、不要になった思考や感情 葛藤も手放して

私はこれでいいんだ!♪

と心から感じるスッキリ感が大切ですね☆



素敵な夜を~












コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。